東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

皆さんは顎の痛みを感じたことはありますか?放置すると慢性化して、なかなか軽減しなくなりますよ。

顎の痛みが出る時はもちろん関節である顎関節に症状がでます。顎を動かすのは咀嚼筋という筋肉で、側頭筋、咬筋、内側翼突筋、外側翼突筋の4つから構成されます。これらの筋肉バランスが崩れることによって顎関節の噛み合わせが悪くなって痛みを発症します。偏った噛み方をしたり、姿勢が猫背になり肩や首に筋緊張があると痛めやすいです。

軽減の仕方としては、噛み方を見直したり姿勢を正しく保つことや咀嚼筋を緊張を取るために手技で調節することでも痛みが解消されたりします。

当院を利用される方でも顎の痛みで悩まれる方はいました。施術を繰り返す中で負担はどんどん軽減していきました。やり方はシンプルで、悪くなった深層の筋肉の柔軟性をつけ、さらにB&M背骨歪み整体で背骨を整える。この2つをしっかりするだけで負担は軽減されていきます。

男性より女性の方が顎の関節は浅いので、より痛みが出やすかったりします。そして女性は痛みを我慢する傾向にあります。放ったらかしにして悪化させるより早めに解決させていきましょう!

身体は悪くのは簡単ですが良くなるのは難しかったりします。しっかり習慣で変えていきましょう!

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP