東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

これからは夏休みやお盆休みの時期ですね。皆さん車で旅行に出かけたり、帰省されたりする方が多いのではないでしょうか?実は車の運転中にどんどん負担が溜まっていきます。今回は車の運転と身体への負担がどのように関係しているのかを、ここに書いていきます。

まずは運転中の姿勢が大事になってきます。肩が内側に入って前のめりになってはいませんか?肩が内側に入ると肩や背中の筋肉が引っ張られる為、常に肩や背中の筋肉が緊張して、負担のかかっている状態になります。また前のめりの姿勢は腰の筋肉が伸ばされるので、腰の負担も溜まりやすいです。さらにこのような状態が長時間になってくるとより負担を溜めてしまいます。その状態で車から降りようとして立ち上がった時に急に痛みが出てしまうこともあります。

運転中は周りを気にしたり、スピードや目的地への道の確認などもしなければならないです。常に集中している状態ですので、肩や首に力が入ってしまって負担がかかります。また目からの疲れも出やすいです。

車の運転中に負担を溜めないようにするには運転中の姿勢を見直すことと、長時間になる場合は適度に休憩をとって身体を動かしてあげることが大事です。またこのような負担を溜めないためには身体のケアが必要です。当院では筋肉の施術とB&M背骨歪み整体で身体のバランスを整えて負担を軽減させます。夏に運転を控えている方、また日頃から運転で負担をかけている方、お身体のケアを当院でしていきましょう。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP