東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

朝起きた時に前日の疲れが残っていたり、仕事終わりがいつもより疲れた感じがする方、身体の中の血流が悪くなっている可能性があります。血流には身体を回復させてくれる作用があります。血流は身体の中に溜まっている疲労物質を洗い流し、新たな栄養や酸素を送っています。

血流が悪くなる原因は筋肉や背骨の歪みにあります。普段の生活の負担から筋肉が緊張すると中を流れる血管を圧迫してしまっていつもより血流が悪くなります。また普段の姿勢などから背骨が歪んでしまうと、これも血管を圧迫してしまって血流が悪くなります。身体は特に寝ているときに回復していきますが、このように血流が悪くなってしまうと、寝ているときにうまく身体が回復せず負担が残った状態で朝を迎えるので疲れが残ります。

血流の良い状態を維持するには筋肉の柔軟性を高めることが大事です。1日の終わりにはゆっくりとお風呂に入ることで筋肉の緊張が和らぎ、身体の血流がよくなります。また軽い運動やストレッチなどを日常に取り入れてあげると筋肉も若い状態を維持できて疲れも身体に溜めにくくなります。また当院では筋肉の柔軟性を出していく施術と、B&M背骨歪み整体で歪みをとり、血管の圧迫を防ぐことで血流をよくして回復しやすいお身体にしていきます。普段疲れが取れにくいと思った方は是非お越しください。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP