東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

今回は膝の痛みについてのお話です。階段の昇り降りで膝に痛みが出たり、膝を曲げることができなくて正座になれないなどの症状で来院される方が多いです。膝に痛みが出てしまうと日常生活に影響してしまうケースが大半です。膝の痛みは慢性化すると負担を軽減させるのに時間がかかるので、少しでも膝に違和感や痛みが出た場合は早めに診てもらった方が良いです。

膝の痛みの原因としては

・太ももやふくらはぎの筋肉の負担や筋力不足

・腰の負担、バランスの崩れ

・背骨の歪み

などが原因になります。

まず太ももやふくらはぎは膝に直接繋がる筋肉です。太ももやふくらはぎの筋肉の緊張、負担が膝を曲げたり、使う時に膝の関節に負担がかかってしまいます。当院では太もも、ふくらはぎの筋肉を施術することで柔軟性を出します。そして膝の関節に負担をかけないようにしていきます。また日常では膝が痛くなる前からウォーキングしたり、筋力トレーニングをして予防しておいた方が良いです。

次に腰の負担や背骨の歪みです。腰や背骨で身体が支えられなくなると、その負担を膝や膝周りの筋肉でかばったりすることで痛みが出てきます。当院では身体を支える腰の深い筋肉の施術とB&M背骨歪み整体で背骨の歪みを整えます。すると膝にかかってくる負担が減り痛みを軽減させます。膝の痛みでお悩みの方がいらっしゃいましたら一度当院までお越し下さい。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP