東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

今日は膝の痛みについてお話ししていこうと思います。当院に来られる利用者様のなかにも膝の症状で困られている方はたくさんいらっしゃいます。膝はぶつけたりひねったりしたら当然膝の固定や処置をしていく必要があるでしょう。しかし、多くの方が特にそういった急に痛めたという痛め方をされていません。当院の利用者様がおっしゃることは「なんかだんだんと」とか「自然に」とおっしゃる方が多いです。こういう方を診た時に必ずと言っていい位に出ているものが背骨の歪みです。主に上半身に付いている背骨がなぜ膝を悪くするのか?を今から説明していこうと思います。背骨が丸まったという身体を想像してみて下さい。身体は前に倒れてしまいます。身体が前に倒れるという事は前後のバランスが悪くなり下半身に力をいれてバランスを取ろうとします。背骨が丸まると背骨周りの筋肉が引っ張られ筋肉の中を通っている血管が圧迫され下半身に栄養が十分に回らなくなります。このような状況が毎日のように続くと膝の負担が溜まりに溜まり、いつの間にか膝の関節の軟骨がすり減ったり骨が変形してしまったりしてしまうのです。ですから上半身特に身体の軸を形成する背骨の歪みをなくしていける事が大事です。そうなることで膝にかかる負担を少なく出来て痛みを軽減させることが出来てきます。気になる方は一度ご連絡くださいね。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP