東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

だんだん歳を重ねていくと関節が消耗してきます。膝や肩関節も多いですが、今回は股関節についてお話しさせていただきます。

股関節に負担がかかり過ぎると変形を起こすこともあります。変形してしまうと、歩く・しゃがむ・立ち上がるといった日常生活動作を繰り返し行うことによって、徐々に進行してしまうのです。なので股関節にかかる負担を普段から軽減させることを考えないといけないのです。

一番負担のかかるのが歩行です。なので早歩きを避けて、できるだけゆっくり自分のペースで歩く方がいいでしょう。あとは長時間の歩行です。長く歩くと関節内の摩擦が増えて痛みが出やすくなります。目安は15分〜30分の間で休憩しながら歩くのをお勧めします。あとは荷物なども、片手で持つとバランスが崩れて片方の脚に体重がかかりやすくなってしまうので、出来る限りリュックがいいでしょう。その方が負担は軽減できます。

当院には股関節が痛くて脚を引きずって来られる方がいます。まだ来られて間もないのですが、脚を引きずっている分、骨盤がズレたり筋肉にかかるストレスが多くて、難儀していましたが、今の現状は痛みが少し取れて骨盤のバランスが良くなってきました。

私たちがしているのは筋肉のバランスを良くし、背骨のバランスを整えることです。この2つをしっかり行うと痛みは軽減するのです。痛みは放っておくと悪化します。早めに対処しましょうね。

 

 

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP