東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

皆さんは肘の痛みで悩まれてはいませんか?肘の痛みはお仕事で負荷をかけたり、スポーツでたくさん使うことにより負担を蓄積させ痛みを出すことが多いです。では実際どのような仕事やスポーツで肘の痛みが出るかです。まずデスクワークをされている方、肘の痛みに注意が必要です。なぜデスクワーク?と思われる方もいるかもしれませんが、肘の痛みは肩の負担が関係してきます。肘の関節には肩から繋がる筋肉がついているので、肩の負担で血流が悪くなったり、肩から肘に繋がる筋肉が緊張すると肘に負担がかかり痛みの原因になります。重い物を持ったり、運んだりする仕事をされている方も肘は痛みが出やすいです。重い物を持つ時には肩から肘に繋がる筋肉と、肘から手首に繋がる筋肉を使うので、繰り返し物を持つ動作が続くと肘に負担が蓄積されて痛みが出てきます。スポーツではテニスで肘の外側を痛めてしまうのが多いです。これはテニスでバックバンドを打つ時に手首を返す動作をした時に、手首から肘の外側に繋がる筋肉をたくさん使うので、そのバックバンドの繰り返しで負担が蓄積されて痛みが出てきます。他にも野球やゴルフのスイングで痛みが出ることもあります。肘の痛みに対しては、肘に繋がる筋肉を施術して柔軟性を出して、肩からの血流を良くすることで肘の負担は減ります。肘の痛みでお悩みがありましたら何でもご相談下さい。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP