瓢箪山駅1分!ひょうたん整骨院

普段は特に気にはならなくてもふとした時に、手足が痺れるような感覚が出るようなことはないでしょうか?今回は痺れの起こる原因についてお話ししていきたいと思います。
痺れの起こる主な原因は身体の奥にある神経が何らかの原因で圧迫されている為に起こります。主な原因として挙げられるのは、背骨の歪みや筋肉に過度の負担がかかり神経を圧迫してしまうことにあります。

歪んでしまった背骨がその周囲を走っている神経に触れてしまうと痛みや痺れが生じます。背骨がなぜ歪んでしまうのかというと、猫背などの姿勢不良が主な原因となります。普段からなかなか良い姿勢を保ち続けるのは難しいと思いますが特に意識していない時は背筋が前かがみの体勢になってしまわれている方が多いかと思います。歪んでしまった背骨の周囲に付いている筋肉もそれに付随して引っ張られて負担がかかり緊張状態になり、血管や神経を圧迫してやがて痺れに繋がるという仕組みです。

当院の施術は筋肉に対してアプローチして柔軟性を上げ、血流を良くします。これでも良くなる方もおられますが、筋肉が緊張した状態を放置していると、筋肉が背骨を引っ張って歪めてしまい、それが原因で痛める事が多いので、当院では歪みをとるB&M背骨歪み整体を行っています。手足の痺れでお困りの方は是非一度当院までお越しください!

瓢箪山で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP