瓢箪山駅1分!ひょうたん整骨院

出産後に腰の痛みが強くなる、太りやすくなった、下半身がむくむなどの症状でお悩みの方も多いと思います。今回は、なぜ産後に身体の状態が悪くなりやすいかを説明していきたいと思います。
まず、妊娠初期の段階から「リラキシン」というホルモンが分泌されます。これは関節を緩める働きのあるホルモンで、出産時に骨盤が開き赤ちゃんが産道を通りやすくする為には不可欠なものになります。出産をするうえで骨盤が開くのは重要なことですが、リラキシンは産後半年から1年半くらいまでは分泌されており、家事や育児などで身体に負担がかかると、まだ関節は緩い状態ですので背骨の歪みや骨盤のずれというのは悪化してしまいます。この期間に開いた骨盤を元に戻しておかないと腰の痛みが出やすくなったりするなど身体に様々な不具合が生じてしまいますが、逆に言えば関節が緩い状態だからこそ元の状態に戻しやすいとも言えますのでこの期間の施術と言うのは大変重要となります。

当院の施術は筋肉に対してアプローチして柔軟性を上げ、血流を良くします。これでも良くなる方もおられますが、筋肉が緊張した状態を放置していると、筋肉が背骨を引っ張って歪めてしまい、それが原因で痛める事が多いので、当院では歪みをとるB&M背骨歪み整体を行っています。腰などの痛みでお困りの方は是非一度当院までお越しください。

瓢箪山で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP