瓢箪山駅1分!ひょうたん整骨院

みなさん、今回は痛みが出てしまった際の処置として、温めるのが良いパターンと、冷やした方が良いパターンの違いについてお話していきたいと思います。

 

最近、外はすごく暑い日が続いていますが、室内に入ると冷房などですごく冷えていることがほとんどだと思います。この気温の差で痛みが出やすくなってしまいます。急に冷えたところに入ると血管が収縮してしまい血流の流れが一気に悪くなります。その状態でいきなり筋肉を使うと、急な痛みにつながってしまいます。ギックリ腰がその例です。こういった痛みを引き起こすと、その痛みの部分に炎症が起こってしまっていることがほとんどです。急な痛みを早く取ろうと思うと、その炎症反応をまずとる必要があります。そのために必要になるのがアイシングになります。アイシングをすることにより炎症反応を鎮めることができるのです。しかしアイシングをしたからと言って痛みが完全に取れるわけもないので、しっかりと身体を診てもらう必要はあります。逆に慢性の痛みに対しては筋肉を温めるのがベストになります。基本筋肉は温める方が良いので、急な痛みになっても温めてしまうケースがほとんどです。おそらく自分で判断できかねると思いますので、急な痛みが出て処置がわからない場合は当院まで気軽に相談くださいね。

瓢箪山で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP