瓢箪山駅1分!ひょうたん整骨院

野球やサッカーなどスポーツをしているうえで怪我というものはつきものとなります。万が一競技中に足をひねって怪我などをしてしまった場合、診察を受けるまでの応急処置が必要になってきます。今回は、代表的な「RISE」処置についてお話ししていこうと思います。まず、RISEとは次のことを意味します。

R:Rest(安静)負傷箇所を動かさない事。
I:Ice(アイス)冷却、氷で冷やす。
C:Compression(コンプレッション)圧迫する。
E:Elevation(エレベーション)負傷した所を心臓よりも高い位置に保つ。という意味です。

RISE処置をすることによって、怪我などの痛みや腫れがひどくなるのを防ぐことができ、且つ良くなるのも早くなります。これはスポーツでの負傷だけでなく、寝違いやぎっくり腰のような急な痛みに対しても有効です。
「安静」と「冷やす」というのが最も大事になってきますので、病院や整骨院に行く前に応急処置をするようにしましょう。

当院の施術は筋肉に対してアプローチして柔軟性を上げ、血流を良くします。これでも良くなる方もおられますが、筋肉が緊張した状態を放置していると、筋肉が背骨を引っ張って歪めてしまい、それが原因で痛める事が多いので、当院では歪みをとるB&M背骨歪み整体を行っています。急な痛みでお困りの方は是非一度当院までお越しください!

瓢箪山で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP