東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

妊娠前期には、つわりの影響で神経的なストレスを感じ、首や肩などの上半身の症状が出ることが多く、中期には循環血液量が増え、運動不足になるので、足がむくんだり吊ったりします。後期になってくるとお腹が大きく前に出てくるので腰椎が反った状態になります。そうなると背筋群に負担がかかり、筋肉バランスが崩れるので些細なことがキッカケでギックリ腰にもなってしまうことがあります。歩き方も歩幅が狭くなってしまうので、ペンギン歩きのようになってしまいます。

後期になってくると身体的変化が出てきて、歩幅が狭くなることにより仙腸関節が動かなくなってしまうと、その周囲の筋肉などは緊張を起こし痛くなってしまうのです。あとは妊娠中に出てくる「リラキシン」というホルモンが分泌されることにより、骨盤周りの関節などを緩める作用があるので、そこで安定性が崩れることによっても負担が溜まってきます。

妊娠中は常にお腹も大きいので、もちろんこまめにケアをしていかなければなりませんが、産後からでしたら、しっかり仙腸関節の位置なども元に戻してあげるのも大切です。腰部や臀筋群を緩めることにより関節が戻りやすくなります。

当院では妊娠中や産後の方でも診ています。お困りのことがあればご相談ください。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP