瓢箪山駅1分!ひょうたん整骨院

日常生活を送っている中で、ふとした時に息苦しさを感じる事はないでしょうか。呼吸のしにくさを覚えると風邪や体調不良と感じる方も多いと思いますが、「姿勢の悪さ」というのも呼吸のしにくさというものに対して深い関係性を持っています。今回は、なぜ姿勢が悪いと呼吸がしにくくなるのかというお話しです。

一般的に姿勢が悪いというと代表的なのは、「猫背」の姿勢です。顔が前に出て、背中が丸まり、腰が後ろに反るような姿勢になります。呼吸筋である横隔膜は、腰の骨の前にも付いているので、横隔膜にテンションがかかり、呼吸がしにくくなり、苦しくなることがあります。また、背中が丸まることによって大胸筋という胸の筋肉が縮まって緊張を起こします。大胸筋は呼吸を補助する役割も担っていますので、緊張することによって肺を圧迫して息が吸いにくくなってしまいます。
このように姿勢が悪いだけでも呼吸のしにくくなってしまうので、常に姿勢を意識しながら生活できると良いでしょう。

当院の施術は筋肉に対してアプローチして柔軟性を上げ、血流を良くします。これでも良くなる方もおられますが、筋肉が緊張した状態を放置していると、筋肉が背骨を引っ張って歪めてしまい、それが原因で痛める事が多いので、当院では歪みをとるB&M背骨歪み整体を行っています。上記の症状などでお困りの方は是非一度当院までお越しください!

瓢箪山で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP