東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

今回は上半身の負担についてです。上半身では肩や首の痛み、腕や手の痛みや痺れ、頭の痛みなどがあります。これらの負担については背骨の歪みであったり、筋肉が緊張してバランスが崩れてしまうことで出てきます。

ではどのように負担が溜まって、どのように症状がでてくるのでしょうか。例えば荷物やカバンを片方の肩にかけている方、片方だけに重みがのることで身体の左右のバランスが崩れます。左右バランスが崩れると背骨が引っ張られて歪んでしまい、背骨で身体が支えきれなくなり筋肉により負担がたまります。その状態でふと肩や腕を使った時に痛みがでやすいです。

スマートフォンを長時間使用する方も上半身の負担は溜まりやすいです。スマートフォンを見る姿勢が肩が内側に入り、首が前に出ている方は要注意です。この姿勢は常に首、肩の筋肉に負担をかけています。スマートフォンの画面を見続けることは目の疲れにも繋がります。また負担がたまり、上半身の血流が悪くなると頭の痛みが出たり、手先が冷えやすくなったりします。首や背中の背骨が歪んでしまい神経に触れてしまうと痺れが出てきてしまうこともあります。スマートフォンだけでなく日常の座っている姿勢や、勉強中の姿勢、運転中の姿勢などには十分注意しましょう!

もし肩や首の負担でお悩みの方がいらっしゃったら、是非一度当院までお越し下さい!

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP