東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」

最近気温も下がり冷えが強くなってきました。そうなると身体にはとても負担がかかります。寒さにより特に多くでる症状が筋違い、特に足をよく攣りやすくなります。足を攣る原因として水分不足、筋肉の使い過ぎ、もしくは筋肉の使わなさすぎ等、色々な原因が挙げられます。勿論これらの原因で足を攣る事はあります。

しかしこの季節になるとよく足を攣る人はやはり体温の低下が原因になっている方が多いです。何故かと言うと人間の身体は常に体温を一定に保つ機能があります。これにより内臓や脳、筋肉は正常に働くことが出来るのです。その為に体温を一定に保つにはとてもエネルギーを使います。特に内臓や脳は人にとってとても重要な所になります。まずはその箇所の温度を一定に保つ事を第一に考えます。その為に筋肉は二の次になってしまいます。その中でも下腿部や指先などは一番後回しになってしまいます。

そういう理由があり、ふくらはぎは冷えやすくまります。それにより普段当たり前のようにしている動作や寝ている時などに冷えてほとんど血液から栄養が運ばれない状態で動かした際にふくらはぎに過度の負担がかかりそれを脳に知らせるために筋肉が異常に縮まりそれが攣るという事になります。
当院では全身の血液の循環を高める施術を行っております。よくふくらはぎを攣る人は是非一度、当院にご相談下さいね。

東大阪で整体なら「ひょうたん整骨院」 PAGETOP